医療法人 社団 税田会


←戻る

皮膚パッチテストについて


刺激物質が皮膚と接することで湿疹などの炎症反応を起こすことを接触皮膚炎
(Contact dermatitis)といいます。「ハゼ負け」や「湿布負け」がその典型ですが、
中には原因が分からない接触皮膚炎も多くあります。


図1 湿布薬による接触皮膚炎

接触皮膚炎は、その原因により刺激性とアレルギー性に分けられます。石油が
皮膚につくと誰でもかぶれます。これが刺激性接触皮膚炎です。一方、「ハゼまけ」
は起こるヒトと起こらないヒトがいます。それは、アレルギーを獲得しているかど
うかの違いによります。これがアレルギー性接触皮膚炎です。ヒトは様々な物質で
アレルギーを獲得することが知られていますが、最近は金属アレルギーの増加が社
会問題となっています。その理由の一つは、色々な金属が装飾品や医療材料として
使われるようになってきたためと考えられています。

ところで、アレルギーはI〜IV型に分類されます(クームス分類)。I型アレルギー
が即時型アレルギーといわれ、アナフィラキシーと呼ばれるショック状態を引き起
こす危険なアレルギーです。
それに対して、IV型アレルギーは、遅延型アレルギーと呼ばれ、原因刺激が起こっ
た後24〜48時間後に反応が起こります。接触皮膚炎は、その多くがこのIV型アレル
ギーで起こることが知られています。そのために原因物質の検索は困難な場合が少
なくありません。何故なら、皮膚炎が起こっても、原因物質への接触は数日前であ
ったりするために気付かないからです。この、IV型アレルギー(遅延型アレル
ギー)の原因検索方法は皮膚パッチテストしかありません。




金属パッチテスト:現在、当院では接触皮膚炎のパッチテスト試薬は歯科金属スタ
ンダート系列(トリイ)試薬を使って、皮膚パッチテストを行っています。

方法:皮膚(背中など)にテープで金属スタンダード系列を貼り、48時間後と72時
間後に判定します。できれば、一週間後にもう一度判定することをお薦めします
(自己判定でも可)。
試薬を含んだ検査キット(絆創膏)を背中に貼り付けます。月曜日に貼った場合に
は水曜日と木曜日の判定になります。火曜日に貼った場合には、木曜日と金曜日に
判定となります。また、試験キットを背中に貼り付けている間は、激しいスポーツ
や入浴ができません。





図2.パッチテスト。背中に検査薬がしみ込んだ絆創膏を張ります。
金属パッチテスト判定。48時間後の判定では明らかな陽性は認めませんが、72時間
後の判定では、B(塩化第二スズ)D(塩化白金酸)に陽性所見を呈しています。


パッチテスト判定基準 (日本皮膚科学会接触皮膚炎ガイドラインより)



種々の金属による病型・病状によるその感作源
(日本皮膚科学会接触皮膚炎診療ガイドラインより)




←戻る